ロレックスの時計は、男の誇り

ロレックスはスイスの高級時計として、抜群の知名度を誇ります。
ロレックスのオイスターケースは防水性と堅牢性の象徴です。
エレガントな時計ケースでありながら、防水性と堅牢性に優れています。

オイスターケースにはスチール、ゴールド、プラチナの3種類があります。
ケースが密閉構造になっているので、最低でも水深100m、ダイバーズモデルのサブマリーナ―では300m、ディープシーでは3,900mまでの防水機能が保障されています。
リューズは10個のパーツで構成されています。小さいながらも高度な技術が搭載されています。

ケースに組み込まれているチューブの部分に、リューズがねじこまれます。
これは同社が開発した時計製造業開発の防水機能です。
ケースが完全に密閉されているので、安全な内部環境が確保されます。
オイスターモデルのサイクロップレンズはロレックスの発明品。
日付表示を2.5倍に拡大できるため、日付を簡単に読み取ることができます。
現在では同ブランドの代名詞になっています。 

高価なウォッチとして知られる同ブランドですが、これは素材の良さにも理由があります。
貴金属やマザーオブパール、宝石などが採用されており、素座時の選定には厳しい基準が設けられています。

たとえばゴールド製ウォッチは、金を長年にわたり使用し、その扱いを熟知するブランドだけが実現できる魅力が備わっています。
品質を確保するために、同ブランドでは、全工程を一貫して管理しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ