50代からの転職は厳しい?

50代になると、仕事でもある程度の地位を任せられるようになるものです。
部下も増え、責任感も増します。
それでますます仕事に対して愛着を持つ人もいれば、「こんなはずじゃなかった」と思う人もいます。
後者の場合、いずれは転職という流れになるかもしれません。 

 

自分は本当は、別の仕事のほうが向いているんじゃないか。
今の仕事は、割に合わない。
仕事に不満をもっていると、それがどんどん大きくなってしまいがちです。
しかも、50代ともなれば、定年まであと10年しかありません。
転職を考えるのなら、最後のチャンスと考えるのかもしれませんね。

 

ほかの仕事を探すときには、止めてから探してはいけません。
今の仕事をキープしながら、ほかの仕事を探すことをおすすめします。
まだまだ働き盛りとはいえ、この年代での仕事探しは、なかなかうまくいかないものだからです。
どんなにスキルのある人でも、40代くらいまででないと、希望の職に就くのは難しいと言われています。
この年代で探そうとするのなら、よけいに苦労を考えておかなければいけません。
人材バンクに登録するなどして、求人情報はなるべく多く、接するようにしましょう。 

 

まったく別の会社に行くのではなく、関連の子会社に行くという手もあります。
希望退職制度を希望すれば、関連子会社に副社長など、責任あるポストとして移動することができるかもしれません。
希望退職制度を利用すれば退職金も出るので、ローンの返済にも役立ちます。

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ